オーガニックコスメの認定

海外では、すでにいくつかの自然化粧品とオーガニックコスメの認証が出てきています。代表的な認証をあげると、「BDIH」、「エコサート」、「コスメビオ」、「デメター」、「英国土壌協会」、「ネイトルー」などです。

ただしこれらの認証は、各団体によって、かなり基準の定め方が異なり、化粧品の基準はまだまだ進化の途中といったほうが良さそうです。

いっぽう日本には、まだオーガニックコスメ認証はありません。「日本オーガニックコスメ協会」は、認証ビジネスやメーカーの側からではなく、消費者の立場から、オーガニックコスメの基準を提案していく予定です。

認証化粧品だから合成成分ゼロというわけではない

「BDIH」の自然化粧品の基準では、合成成分について次のような規定を設けています。

1. 合成着色料、合成香料、合成油脂、シリコン、パラフィンそのほか石油製品は使用しない。

2. 保存料としては自然の、またはいくつかの天然由来と同等の、ということは、自然成分を模して合成された成分は許される。たとえば安息香酸、サリチル酸、ソルビン酸、ベンジルアルコールなどがこれにあたる。

①の規定だけを見ると、「BDIH」では、いっさいの石油原料を認可していないかのように誤解してしまうことでしょう。しかし②の規定を見ると、使ってもいい保存剤として、「安息香酸、サリチル酸、ソルビン酸、ベンジルアルコール」があげられており、これらは石油原料の合成保存料です。

ちなみに「安息香酸、サリチル酸、ソルビン酸、ベンジルアルコール」は、旧厚生省が定めたアレルギー性のある成分として認めた「102の表示指定成分」に入っています。

つまり保存料については石油原料の合成成分を認めているのであり、「BDIH」認証の自然化粧品には、いっさいの合成成分は入っていないというわけではありません。

安全な化粧品の普及に貢献するオーガニック認定基準

「BDIH」は、自然化粧品についての基準を打ち出していますが、オーガニックについてはとくに規定は設けていません。これに対して、化粧品のオーガニック認証をしているのが「エコサート」です。

「エコサート」は1991年に設立。フランスのトゥールーズの近くに本部をおいています。「エコサート」の認証制度は、もともと農産物の認証から始まりましたが、加工食品やオーガニックコットン、そして最近になってコスメへと、その認証の分野を広げていっています。

「エコサート」の化粧品のオーガニック認証についての規定は次のようなものです。

「植物性成分の最小でも50%が認証された有機農法由来であること。より厳しい条件を満足しているものについては、たとえば『95%が有機原料製』というようなラベルもある」。また「遺伝子組み換え原料の使用は不可」という項目もオーガニック認証ならではのものであろう。

ところで「エコサート」は、合成成分については、次のような基準を定めています。

1. 合成着色料、合成香料、合成油脂、油、シリコンおよび石油製品は使用しない。

2. ポリエチレングリコール(PEG)とその誘導体の使用は不可。

3. 保存料として認められるのは、安息香酸、蟻酸、プロピオン酸、サリチル酸、ソルビン酸、ベンジル酸。加工原料は0・5%までのパラベンならびにフェノキシエタノールで保存可。

①は「BDIH」の規定と同じであり、これに②が加わっている。②のポリエチレングリコールは石油から合成された成分であり、溶剤や合成界面活性剤を作るときの基本的な原料になります。

①と②を見るかぎり、「エコサート」の認証基準では、石油原料を認めていないかに思われます。しかし③を見ると、保存料については、石油原料の合成成分を認めています。「安息香酸、サリチル酸、ソルビン酸、ベンジル酸、パラベン、フェノキシエタノール」は、石油原料の合成成分です。

というわけで、「オーガニック認証がある化粧品には、合成成分がいっさい入っていない」というのは消費者側の思い込みに過ぎません。

とはいえ、化粧品について認証制度については、それぞれの団体の基準事項に多少の疑問点があるとしても、安全性の高い化粧品を普及していくという点においては、一歩前進であり、多いに評価されるべきことでしょう。